Ayaのメモ蝶。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一の習慣 主体性を発揮する

【自己責任の原則】
問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。

自分自身が自分のことをどう見ているか、そして他人をどう見ているかを理解しなければ、
他人が自分のことをどうみているか、あるいは世界をどう見ているかを理解することはできない。

・社会通念というゆがんだ鏡

三つのパラダイム(三種類の決定論)

1 遺伝子的 家系?
2 心理学的 育ちや幼児体験が性格や人格をつくりだしている?
3 環境的 自分の上司、妻、子供、経済、国政の方針のせい?


・刺激、反応、そして選択の自由

人間はほかの動物にはない自覚、想像力、良心、自由意思という独特の性質を持っているため、
刺激に対して、自分の反応を選択する自由を持っている、。

【自覚】 自分自身を客観的に見つめる力

【想像力】 現在の状況を超えて頭の中で想像する力

【良心】 人間の心の奥底で善と悪を区別し、正しい原則を知り、今の思いや行動はどれだけ原則と調和しているかをわきまえる意識または能力

【自由意思】 ほかのあらゆる影響に縛られることなく自覚に基づいて行動する能力


この四つの独特な性質を持っているため
本能や訓練を超えて全く違う新しいプログラムを自分たちで書くことができる。


・人生の責任を引き受ける

主体的な人

「自分の価値観に基づき行動する」
深く考え、選択し、内面化した価値観に基づいて自らを支配する


⇔ 反応的な人

その時折の感情、状況、条件づけ、環境(天気、他人の行動や言葉)などに左右され、振り回される

「今の状況はこれまで私がおこなってきた選択の結果だ」と心底から正直に言えるようになるまで、
「他の道を選ぶ」とは言えない。


・頭と率先力を使いなさい

人間の本来の姿は、周りの状況に左右されず、その状況に作用を及ぼすことである。

自分のおかれた状況に対して自分の反応を選ぶことができるというだけではなく、
自分自身を取り巻く状況そのものを自分でつくり出すことができるという意味である。

率先力…自分から進んで状況を改善する行動を起こすようにすること


主体性は人間の本質の一部分であり、それは発揮されていなくてもその人の中に必ず存在するものである。


・作用するか、作用されるか

行動を起こす責任はあなたにある。
周りが動くのを待っていれば、必ずや周りに左右されることになる。


・言葉が「自己達成予言」になる

普段話す言葉を聞けば、それだけで主体性の度合いが分かる。

反応的な人 感情や気持ちに支配されている
主体的な人 感情を価値観に服従させる人


・影響の輪と関心の輪

主体的な人は、努力と時間を影響の輪に集中させ、自らが影響出来る事柄に働きかける。
彼らの使うエネルギーは積極的なものであり、その結果として、影響の輪が大きく広がることになる。


⇔反応的な人

他人の欠点、周りの環境、自分のコントロールの及ばない状況などに集中⇒被害者意識
消極的なエネルギーを発生させ、影響を及ぼせること柄をおろそかにするので、影響の輪は次第に小さくなる。

問題を良い方向に向かせるために必要な主体性と率先力を発揮していない



・全ての問題は影響できる

わたしたちが直面する問題には三種類があるが、すべて私たちの影響の輪の中に入っている。

1 直接的にコントロールできる問題(自分の行動と関係)⇒習慣を変える
2 間接的にコントロールできる、あるいは影響できる問題(他人の行動と関係)⇒影響を及ぼす方法を変える
3 全くコントロールできない問題(誰も影響できない問題、過去の出来事など)⇒見方や態度を変える

「主よ、変えられるべきことを変える勇気を、変えられないことを受け入れる平和を、そしてその区別をつける知恵を与えたまえ」


・影響の輪を広げる

自分の反応を選択することで、自分のおかれた状況に多大な影響を及ぼすことができるということは、心強い事実である。それは科学式の一部分を変えれば、全体の結果がまるで変わってしまうのと同じである。


・「持つ」か「なる」か

関心の輪 「持つ」
影響の輪 「なる」

状況を改善する最もよい方法は、自らのあり方に働きかけ続けること
幸せになると決めて、コントロールできない要因を受け入れて、コントロールできるものに努力を集中させる


・成功は失敗の彼方にある


・生活の主導権を取り戻す

1 約束をし、それを守ること
2 目標を設定し、それを達成するために働くこと


・三十日間のテスト

影響の輪に集中
コントロールできることに働きかける、自分自身をかえるようにし、自分のあり方に集中
他人のせいにしたり、彼らを批判したりする無駄なエネルギーを使わないようにする。

小さな約束をつくりそれを守る。
裁く人より光を与える人になり、批判者より模範になる。
問題をつくり出す人ではなく、問題の解決に貢献する人になる。


他人の欠点を批判する目ではなく、慈しみ深い目で見てほしい。

彼らが何をしているのか、何を怠っているかが問題ではなく、
それに対してあなたがどういう反応を選択するか、貴方は何をすべきかが問題。


問題は自分の「外にあると考え始めたら、その考えをやめてほしい。その考えこそが問題なのだ。

 7つの習慣 スティーヴン・R.コヴィー
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村 旅行ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

何回目の訪問?(普通ver)

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

フリーエリア

右サイドメニュー

QRコード あや的美意識 

QRコード

QRコード 裏・あや的美意識

裏 あや的美意識

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。